So-net無料ブログ作成
検索選択

名古屋鉄道のダイヤ改正

名古屋鉄道ダイヤ改正一覧(なごやてつどうのダイヤかいせいいちらん)では名古屋鉄道(名鉄)においてこれまでに実施されたダイヤ改正のうち、判明している分について述べる。この一覧は未完成です。この一覧を完成させる協力者を求めています。1940年代以前1950年代1959年4月1日の改正5500系電車が登場し、量産車としては日本国内初となる特別料金が不要な冷房車の運行を開始。また、知立駅を西へ移設・配線変更し、名古屋方面と三河線との直通列車を増発。1960年代1961年6月12日改正パノラマカーこと7000系電車が3編成登場。名古屋本線の特急に投入され、毎時1本運転。名古屋本線における最高速度を従来の105km/hから110km/hにアップ。1963年12月1日改正パノラマカー7500系が4編成登場。名古屋本線の特急を日中に毎時1本増発し毎時2本の運転とする。1964年9月14日改正名古屋本線の特急を日中に毎時1本増発し毎時3本の運転とする。河和線特急が新設される。1965年3月21日改正日中に犬山線で特急の運転が開始される。1965年9月15日改正名古屋本線の特急を日中に毎時1本増発し毎時4本体制に、犬山線特急も毎時2本とする。1965年12月30日改正新名古屋 - 豊橋間に「たかやま」用キハ8000系の間合い運用による名鉄初の座席指定特急を新設。1966年3月25日改正夕方ラッシュ時にも新名古屋 - 豊橋間にディーゼル特急を毎時1本新設。1966年7月26日改正犬山線特急を毎時2本へと増発。1966年12月25日改正犬山線特急を毎時4本体制へと増発。朝ラッシュ時に輸送力列車の8両編成運転を開始。1967年8月22日改正特急(料金不要)による都市間連絡ネットワークを強化した改正。本線系の路線で急行を廃止し、優等列車はすべて特急か準急に統合。新岐阜発着の西尾線直通特急を新設、本線の新安城(当時は今村)- 新岐阜間では特急が毎時6本運転となる。他のほとんどの本線系路線でも特急を新設または増発。1968年8月26日改正名古屋本線の特急を7500系の定速運転に基づく「S速度」を適用したダイヤとしてスピードアップ。同時に7500系の8両固定編成による特急も運転開始。1969年7月6日改正名古屋本線の特急の一部が知立駅を通過するようになり、この列車は快速特急と呼ばれていた。改正前の

「適当でなかった」と釈明=神戸事件の発言で−亀井郵政担当相(時事通信)
津波の爪跡生々しく…チリ地震後の写真発見(読売新聞)
保釈の石川知裕被告、無言で一礼(産経新聞)
陸山会事件 石川議員、保釈 報道陣の問いには答えず(毎日新聞)
進次郎氏「分からないは、ぶれない」鳩山首相をチクリ(スポーツ報知)


2010-03-02 02:12  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。