So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

石川容疑者ら3人の勾留延長(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地裁は25日、民主党衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら3人の勾留(こうりゅう)期間を26日から2月4日まで延長することを決定した。

 ほかに延長されたのは、公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)と元私設秘書、池田光智容疑者(32)。

 東京地検特捜部の調べなどによると、石川容疑者は陸山会が平成16年10月に東京都世田谷区の土地を購入した際、土地代金の原資4億円を収入として政治資金収支報告書に記載せず、土地代金約3億5千万円を支出として記載しなかった疑い。また、大久保容疑者と池田容疑者は19年、陸山会が小沢氏に返済金名目で支出した4億円を記載しなかったなどの疑いが持たれている。

 特捜部の調べに対し、石川容疑者と池田容疑者は故意の虚偽記載を認めているが、大久保容疑者は容疑を否認しているとされる。

【関連記事】
池田容疑者「報告していた」…小沢氏の説明と矛盾
小沢氏「事実のすべて」 疑問多く不可解
原資、融資、秘書任せ…疑問なお残る 小沢氏会見
鳩山内閣、占星術的にはほぼ完璧らしいが…
小沢幹事長聴取 異常事態の責任は重大 これからが検察の正念場だ

<傷害>男に倒され自転車の女子生徒けが 愛知・岡崎(毎日新聞)
サルにかまれ女児ケガ 茨城・鹿嶋で襲撃相次ぐ(産経新聞)
<コンビニ強盗>ノコギリ持ち押し入った疑いで女逮捕 岐阜(毎日新聞)
考古学を一変?「卑弥呼の鏡は日本製」 桜井茶臼山古墳の波紋(産経新聞)
両陛下ご宿泊 老舗旅館で不法就労 容疑の社長きょう書類送検(産経新聞)



「自民なら即刻退陣」 小泉元首相、民主を痛烈批判(産経新聞)

 小泉純一郎元首相は23日、京都市内で開かれた日本青年会議所主催のセミナーで講演し、母親から巨額の資金提供があった鳩山由紀夫首相や、自身の資金管理団体の土地購入をめぐる問題が浮上している小沢一郎民主党幹事長について、「もし自民党でこのようなスキャンダルを出したら、即刻退陣になる」と批判した。

 小泉氏は現在の民主党政権について、「これほど早くおかしくなるとは思わなかった」と痛烈に批判。

 その上で、鳩山氏については「母親から毎月1500万円を何年間ももらっておいて、知らなかったというほうが異常」。小沢氏については「多くの人からいただいた政治献金でマンションや土地を買う政治家なんて一人もいない」と話した。

 一方で、「それでも(鳩山政権に)支持率があるのは、それほど自民党が飽きられていたということ」と指摘。「民主党にはあと3〜4年はやってもらわないと、何でも自民党を批判すればいいという風潮は変わらない」と述べた。

【関連記事】
民主「広がる不安感」選挙や国会への影響懸念
小沢氏を任意聴取 東京地検
小沢氏余裕「いつでも説明」 潔白と権力保持へ強気
小沢氏聴取、焦点は「関与」「原資」
ほころび目立つ小沢氏の主張 3年前の釈明会見を検証する

辺野古案への反対貫く=稲嶺氏(時事通信)
鳥取連続不審死 県警、殺害当日に上田美由紀容疑者を尾行(産経新聞)
村越議員たった一人の反乱 「小沢幹事長辞任せよ」(J-CASTニュース)
<陸山会土地購入>小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い(毎日新聞)
<爆破予告メール>入間市に送った疑い 中3男子生徒逮捕(毎日新聞)



入院患者の身体拘束 病院の措置は「合法」 患者側逆転敗訴 最高裁判決(産経新聞)

 愛知県一宮市内の病院に入院した女性=当時(80)=が、身体拘束で苦痛を受けたとして、病院側に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は26日、「拘束は緊急でやむを得ない行為だった」などとして、身体拘束の違法性を認めて病院側に賠償を命じた女性側逆転勝訴の2審判決を破棄、女性側控訴を棄却した。拘束は正当とした1審判決が確定した。

 同小法廷は「身体拘束以外に女性の転倒などを防ぐ適切な方法はなく、拘束時間も必要最小限だった」と指摘。「患者の身体抑制はやむを得ない場合にのみ許されるが、病院のとった拘束は緊急でやむを得ず、違法ではない」と判断した。患者の身体拘束の違法性が争われた裁判で最高裁が判断するのは初めて。

 身体拘束をめぐっては、精神病院には特例が認められているが、一般病院には拘束を認める根拠となる法令はない。厚生労働省は平成13年、高齢者ケアのための「身体拘束ゼロの手引き」を作成し、例外的に許される基準として、危険が差し迫っていることや、ほかの手段がないことを挙げた。一方、逆に拘束しなかったために転落や転倒で負傷したなどと主張し、患者や家族が医療機関に損害賠償を求めるケースもある。

 1、2審判決などによると、女性は同市内の一宮西病院に入院中だった平成15年11月15日夜から翌朝、ナースコールを繰り返し、大声を出すなどした。このため、看護師はミトン(手袋のような抑制具)を使って女性をベッドに拘束した。女性はミトンを外そうとして負傷した。女性は1審途中で死亡したため、遺族が訴訟を受け継いでいた。

 1審名古屋地裁一宮支部は不必要な身体拘束は避けるべきだとしながらも、拘束は、生命や身体に切迫した危険があったからだと認定。方法も必要最小限だったとし、合法と判断した。

 これに対して2審名古屋高裁は「患者を拘束して身体的自由を奪うことは原則として違法」と指摘。身体の危険が差し迫っていたわけではなく、看護師らが適切に対応するなど、ほかの手段がなかったわけでもないとして、拘束は違法と結論づけ、病院側に計70万円の支払いを命じていた。

【関連記事】
院内感染で兵庫県が過失認め和解 遺族に約2300万円支払う
医療過誤 水俣市が1千万円支払いで和解へ
「再度手術すれば生存」日赤に4千万円賠償命令
帝王切開後のミス認定 岐阜県に8400万円賠償命令
乳房切除で説明不足 日赤に220万円賠償命令 津地裁

【中医協】再診料、外来管理加算めぐり議論が平行線(医療介護CBニュース)
<振り込め詐欺>2グループ15人、未遂容疑で逮捕(毎日新聞)
<公明党>予算案に早々と賛成表明 野党共闘に影響か(毎日新聞)
<小沢幹事長>4億円の原資どう説明…23日に任意聴取(毎日新聞)
環境税、プロジェクトチームで検討へ=2月中にも設置−税調会長ら(時事通信)



小沢氏批判の金属弾入り封筒、民主党とテレ朝に(読売新聞)

 民主党本部(東京千代田区)とテレビ朝日(港区)に今月18日、拳銃の実弾のような金属弾が入った茶封筒が相次いで送りつけられていたことがわかった。

 警視庁は、二つの封筒の形状や手紙の内容などから、同一犯の可能性もあるとみて、金属弾の鑑定を急ぐとともに脅迫容疑で捜査している。

 同庁幹部によると、民主党本部には18日、小沢一郎幹事長あてのB5サイズの茶封筒が届き、中にティッシュに包まれた金属弾と手紙が入っていた。手紙にはA4サイズの紙に、小沢氏の政治・外交姿勢を批判する内容や「気をつけろ」と脅すような文言が筆書きで書かれていた。また、テレビ朝日にも同様の金属弾が入った茶封筒が郵送され、民主党に対する同社の報道姿勢を批判する筆書きの手紙が同封されていたという。

<巻きずし商標権>イオンが逆転勝訴…大阪高裁判決(毎日新聞)
名護市長選、投票進む=普天間移設に影響(時事通信)
神奈川県の不正経理14億円、5年間で(読売新聞)
名護市長選、移設反対の稲嶺氏が当選確実(読売新聞)
100年間進化のない「カレーうどん」を変えろ プロジェクト発足(産経新聞)




-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。